お知らせ

当院の新型コロナウイルス感染症対策について

当院では、新型コロナウイルス感染症対策として、以下のことに取り組んでおります。

  • 入口や受付、待合室、検査室、診察室にアルコール消毒液を設置し、自由にお使いいただけるようにしています。
  • 待合室、診察室、検査室に大手メーカーの空間除菌脱臭機、ストリーマ空気清浄機を設置しています。
  • 院内の開閉可能な窓は常に開放し換気をしています。その換気状況が数値で分かるよう、CO2測定器でチェックしています。
  • 対面する受付カウンターや診察デスク、検査機器にアクリルパネルを設置しています。
  • 待合室のソファは、他の患者様となるべく対面にならないように広く空間を取った配置にしています。
  • スタッフだけでなく患者様にも、検温・マスクの着用を徹底しています。
  • 混雑時を避けていただきやすくするよう、直近2~3週間の混雑状況を 入口、受付、HPに掲載しています。 » 最近の混雑状況はこちら

目の充血で受診される方へ

新型コロナウィルスによる症状の一つに目の充血があります。
発熱、せき等の呼吸器症状、激しい倦怠感等がある方や、海外への渡航歴のある方は直接院内に入られる前に
(052)702-0788[当院]へご連絡下さい。
新型コロナウィルス対策にご協力をお願いいたします。

「こんなことで…」と遠慮せずお気軽にご相談ください

「こんなことで…」と遠慮せずお気軽にご相談ください

人は目からはいってくる情報が8割とも言われています。
それだけ頼りにしている器官ですので、トラブルがあると特に気になる部分でもあります。

目のかゆみ、違和感、痛み、充血、腫れ、かすむ…など、気になる症状がある場合はもちろん、「病院に行くほどでもないけれど、ちょっと相談したい」という場合も、目のことならどんなことでもお気軽にご相談ください。

困ったときにすぐに相談できるかかりつけ医として診療いたします。

はじめての方へ

眼科専門医として、名東区に住む皆さまの目の健康を守りたい

眼科専門医として、名東区に住む皆さまの目の健康を守りたい

深見眼科 院長の深見久紀です。
1997年(平成9年)の開院以来、多くの患者様の目の健康をお守りしてきました。

常に新しい知識を取り入れ、最新の治療をご提供できるよう日々努力を重ね、一人ひとりにあった適切な治療をご提供できるように努めております。

お子さまの近視治療、白内障や緑内障、糖尿病性網膜症や加齢黄斑変性症などの専門的な診断・治療が必要な病気はもちろん、病気と認識されにくいドライアイや眼精疲労も、お気軽にご相談ください。

医師紹介

新着情報

2021.09.02
夏の紫外線のダメージなどから、秋は眼の疲れが出やすい時期です。眼精疲労や麦粒腫(ものもらい)などにかかりやすいので気をつけましょう。
2021.08.27
混雑状況を更新いたしました。
2021.08.23
当院の新型コロナウイルス感染症対策についてのお知らせを更新いたしました。

過去の更新情報へ