オルソケラトロジー

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. オルソケラトロジー

寝ている間に視力を回復!

オルソケラトロジーとは、裸眼での視力を改善させる新しい治療法です。特殊コンタクトレンズを寝ている間に装用する事で、睡眠中に角膜の形状が矯正され、日中を裸眼で過ごすことができます。特に小児期の近視の進行抑制に効果があると注目されています。

アメリカでは30年以上前から、研究・処方され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に、世界各国でその安全性と有効性が認められ、実施されております。また、日本でも2009年に厚生労働省に承認されております。

外科手術ではありませんので、レンズの装用を中止すれば、2週間ほどで角膜はもとの状態に戻ります。万が一、合わないと感じても、いつでも中断できるので安心です。

近視の進行抑制効果も!

オルソケラトロジー治療は近視進行を抑える有効な治療法としても注目されています。
眼鏡やコンタクトレンズ、レーシック手術など他の視力矯正法は、視力矯正効果はあるものの、近視進行の抑制効果はありません。
各国の大学、研究機関等で積極的に研究・報告が行われ、様々な文献において50%前後の近視抑制効果が報告されております。特に、角膜のやわらかい子供の時期の方が効果が出やすく、早く始めるほど近視進行を抑制できるという学会発表が続いております。

マイオピン併用でより高い効果が!

オルソケラトロジーと、0.01%アトロピン点眼(マイオピン)を併用することで、オルソケラトロジー単独療法よりも、約5割増しの抑制効果が期待できます。

OK(オルソケラトロジー)自体が眼軸長伸長を抑制する効果に加えて、低濃度のアトロピン点眼を併用することによりさらに5割増しの抑制効果が期待できる。

日本近視学会 日本小児眼科学会 日本視能訓練士協会 編集『小児の近視』P171より

他の近視矯正方法との比較(一例)

長所 短所
眼鏡
  • 手軽にかけたりはずしたりできる
  • 手入れが簡単である
  • 激しい運動には不向き
  • レンズがくもったり、視野が狭くなったりする
コンタクトレンズ
  • 強い近視や乱視・遠視でも矯正できる
  • 容姿に影響を与えずに使える
  • 眼鏡に比べると手軽にはつけはずしできない
  • ゴーグルなしで水泳には使えない
オルソケラトロジーレンズ
  • 日中は裸眼で過ごせる
  • 中止すれば2週間程度で元の角膜形状に戻る
  • 夜間に継続してレンズを装用しなくてはならない
  • 強度近視や乱視・遠視は矯正できない
レーシック
  • 常に裸眼で過ごせる
  • ケアの手間や追加費用がかからない
  • 外科手術が必要で、元の角膜形状には戻せない
  • 18歳以上でないと手術を、受けられない

レンズについて

現在、厚生省から認可されているオルソケラトロジー用のレンズは数種類あり、眼科ごとに違うタイプのレンズでオルソケラトロジーが行われています。
当院では、株式会社アルファコーポレーションで製造して、株式会社メニコンが販売する国産のオルソケラトロジーレンズ「メニコンオルソK」を使用しています。

費用について

オルソケラトロジー治療(両目)の【初年度 全治療費】は、計135,000円です

適応検査&トライアル装用 5,000円
お試し装用(最大1ヶ月) 50,000円※1
治療継続
初年度追加費用
80,000円
レンズ紛失・買い替え 30,000円/枚

※1 お試し装用後、継続を希望されない場合は、30,000円返金いたします。(レンズの返却が必要となります)

※表記金額は全て税込です。
※オルソケラトロジーの治療費は、所得税の医療費控除が受けられます。

(詳しくは、オルソケラトロジー(角膜矯正療法)による近視治療に係る費用の医療費控除 [国税庁HP]へ)
※レンズの破損、交換の詳細に関しましては、スタッフまでお尋ねください。

参考サイト